麦茶と放射能汚染

なんか、なかなか気になる記事を見つけました。
麦茶と放射能汚染のお話。(こちらのブログ

まぁ、麦茶に限ったことではありませんが、
麦茶も被害にあっています。毎日飲む水みたいなもんなので、心配です。
って、自分の麦茶も国産だったような。

ちょっと引用します。

ここ最近は『国内産』ということで、放射能の影響を心配される方が多くいらっしゃり、
麦茶に限らず『国内産』と記載されている商品について
「製造日はいつ?」「原料の産地はどこですか?」「製造している工場はどこ?」
とのお問い合わせを日々多数いただいております。

うわあ、大変だこれは。
ちょっと回答にミスるととんでもないことになりそう。
どんな回答をしているのか、これも書いてありましたので、すみませんが引用させていただきます。

『大麦の収穫は年に1回、だいたい今くらいの時期に行われ、
ただ今店頭に並んでいる商品は、2010年に収穫した大麦を使用しています。
産地は主に北陸(富山・石川・福井)、関東(栃木・群馬・埼玉)などの
原料を使用しています。
収穫後は屋内の倉庫に保管されており、安全性の確認が取れています。
製造は山梨県の工場で行っております。ですので、安心してお召し上がりください。
また、ご心配いただいている地域の今年収穫した大麦につきましては、
国で放射線検査が実施される予定であることを確認しておりまして、
当社としましても、検査機器を購入し、原料購入時に自主検査を行う体制を
準備しています。』

自分もこういう仕事をしていますが、ちょっと良くない回答かなと思います。
まず、安全に根拠がない。
突っ込まれると答えに困ること間違いなしな回答です。
最後に検査していないと言っているし。
まぁでもこう答えるしかない状況ではあるか。(辛口ですみません)

どちらにせよ、現在の麦茶は2010年度産と考えても良いみたいで、そこは安心しました。
しかしながら、少なからず放射能は含んでいることでしょう。
そう考えると、烏龍茶など中国産が安心?
そんなことより米はどうなる米は?と言われそうですが。
あ、2010年度産の米の買占め来るねこれ。

--

また麦茶放射能関連の記事を見つけたので紹介。(こちらのブログ
ちょっと引用。

さて、関東産の六条大麦で、放射性物質が結構な量検出されているようです。
いずれも暫定基準値は下回ってますが、
暫定基準値は世界基準(特に子供向けの基準)を大幅に上回ってますので、
まったくもって参考にならないことは皆さんご存じの通りです。
あてになるのは検査数値と、その値に対する個々人の”鑑”だけです。

えっと、今年産の大麦ってもう刈り取りされたのか。
その大麦が基準を上回る放射能。これはひどい。
まぁ、これを心配したら東日本の野菜なんて食べられませんが、
というか本当に問題ないのか放射能は!?
確か、昔に日本でメルトダウンが起きると1000万人死ぬと言っていた人がいたけど、
なぜ今は全く問題なし♪みたいな政府の対応しかないのだ?

お茶の産地は気をつけよう。
お金よりも相手の気持ちを大切に、そうして行動していってほしいものです。



麦茶と放射能汚染

なんか、なかなか気になる記事を見つけました。
麦茶と放射能汚染のお話。(こちらのブログ

まぁ、麦茶に限ったことではありませんが、
麦茶も被害にあっています。毎日飲む水みたいなもんなので、心配です。
って、自分の麦茶も国産だったような。

ちょっと引用します。

ここ最近は『国内産』ということで、放射能の影響を心配される方が多くいらっしゃり、
麦茶に限らず『国内産』と記載されている商品について
「製造日はいつ?」「原料の産地はどこですか?」「製造している工場はどこ?」
とのお問い合わせを日々多数いただいております。

うわあ、大変だこれは。
ちょっと回答にミスるととんでもないことになりそう。
どんな回答をしているのか、これも書いてありましたので、すみませんが引用させていただきます。

『大麦の収穫は年に1回、だいたい今くらいの時期に行われ、
ただ今店頭に並んでいる商品は、2010年に収穫した大麦を使用しています。
産地は主に北陸(富山・石川・福井)、関東(栃木・群馬・埼玉)などの
原料を使用しています。
収穫後は屋内の倉庫に保管されており、安全性の確認が取れています。
製造は山梨県の工場で行っております。ですので、安心してお召し上がりください。
また、ご心配いただいている地域の今年収穫した大麦につきましては、
国で放射線検査が実施される予定であることを確認しておりまして、
当社としましても、検査機器を購入し、原料購入時に自主検査を行う体制を
準備しています。』

自分もこういう仕事をしていますが、ちょっと良くない回答かなと思います。
まず、安全に根拠がない。
突っ込まれると答えに困ること間違いなしな回答です。
最後に検査していないと言っているし。
まぁでもこう答えるしかない状況ではあるか。(辛口ですみません)

どちらにせよ、現在の麦茶は2010年度産と考えても良いみたいで、そこは安心しました。
しかしながら、少なからず放射能は含んでいることでしょう。
そう考えると、烏龍茶など中国産が安心?
そんなことより米はどうなる米は?と言われそうですが。
あ、2010年度産の米の買占め来るねこれ。

--

また麦茶放射能関連の記事を見つけたので紹介。(こちらのブログ
ちょっと引用。

さて、関東産の六条大麦で、放射性物質が結構な量検出されているようです。
いずれも暫定基準値は下回ってますが、
暫定基準値は世界基準(特に子供向けの基準)を大幅に上回ってますので、
まったくもって参考にならないことは皆さんご存じの通りです。
あてになるのは検査数値と、その値に対する個々人の”鑑”だけです。

えっと、今年産の大麦ってもう刈り取りされたのか。
その大麦が基準を上回る放射能。これはひどい。
まぁ、これを心配したら東日本の野菜なんて食べられませんが、
というか本当に問題ないのか放射能は!?
確か、昔に日本でメルトダウンが起きると1000万人死ぬと言っていた人がいたけど、
なぜ今は全く問題なし♪みたいな政府の対応しかないのだ?

お茶の産地は気をつけよう。
お金よりも相手の気持ちを大切に、そうして行動していってほしいものです。



麦茶と放射能汚染

なんか、なかなか気になる記事を見つけました。
麦茶と放射能汚染のお話。(こちらのブログ

まぁ、麦茶に限ったことではありませんが、
麦茶も被害にあっています。毎日飲む水みたいなもんなので、心配です。
って、自分の麦茶も国産だったような。

ちょっと引用します。

ここ最近は『国内産』ということで、放射能の影響を心配される方が多くいらっしゃり、
麦茶に限らず『国内産』と記載されている商品について
「製造日はいつ?」「原料の産地はどこですか?」「製造している工場はどこ?」
とのお問い合わせを日々多数いただいております。

うわあ、大変だこれは。
ちょっと回答にミスるととんでもないことになりそう。
どんな回答をしているのか、これも書いてありましたので、すみませんが引用させていただきます。

『大麦の収穫は年に1回、だいたい今くらいの時期に行われ、
ただ今店頭に並んでいる商品は、2010年に収穫した大麦を使用しています。
産地は主に北陸(富山・石川・福井)、関東(栃木・群馬・埼玉)などの
原料を使用しています。
収穫後は屋内の倉庫に保管されており、安全性の確認が取れています。
製造は山梨県の工場で行っております。ですので、安心してお召し上がりください。
また、ご心配いただいている地域の今年収穫した大麦につきましては、
国で放射線検査が実施される予定であることを確認しておりまして、
当社としましても、検査機器を購入し、原料購入時に自主検査を行う体制を
準備しています。』

自分もこういう仕事をしていますが、ちょっと良くない回答かなと思います。
まず、安全に根拠がない。
突っ込まれると答えに困ること間違いなしな回答です。
最後に検査していないと言っているし。
まぁでもこう答えるしかない状況ではあるか。(辛口ですみません)

どちらにせよ、現在の麦茶は2010年度産と考えても良いみたいで、そこは安心しました。
しかしながら、少なからず放射能は含んでいることでしょう。
そう考えると、烏龍茶など中国産が安心?
そんなことより米はどうなる米は?と言われそうですが。
あ、2010年度産の米の買占め来るねこれ。

--

また麦茶放射能関連の記事を見つけたので紹介。(こちらのブログ
ちょっと引用。

さて、関東産の六条大麦で、放射性物質が結構な量検出されているようです。
いずれも暫定基準値は下回ってますが、
暫定基準値は世界基準(特に子供向けの基準)を大幅に上回ってますので、
まったくもって参考にならないことは皆さんご存じの通りです。
あてになるのは検査数値と、その値に対する個々人の”鑑”だけです。

えっと、今年産の大麦ってもう刈り取りされたのか。
その大麦が基準を上回る放射能。これはひどい。
まぁ、これを心配したら東日本の野菜なんて食べられませんが、
というか本当に問題ないのか放射能は!?
確か、昔に日本でメルトダウンが起きると1000万人死ぬと言っていた人がいたけど、
なぜ今は全く問題なし♪みたいな政府の対応しかないのだ?

お茶の産地は気をつけよう。
お金よりも相手の気持ちを大切に、そうして行動していってほしいものです。